第4回 新たなる答案例 受験新報2015年3月号12~22頁

平成22年度旧司法試験の論文式試験(憲法)第1問を改作した問題を題材に、あてはめは判例に学べ、判例を踏み台にする、判例の射程を叩くという作法を用いた「もう1つの答案作成方法論」をお示しします。

  • Google+でシェア
    0

講師プロフィール

弁護士 伊藤 たける

慶應義塾大学法学部政治学科卒業
慶應義塾大学法科大学院修了
新司法試験合格(公法系16位)
国家公務員Ⅰ種(法律職)試験合格
司法修習生考試(二回試験)は全科目「優」で修了

ウィズダムバンク株式会社代表取締役

主に公法系を担当。
かつて伊藤塾にて「憲法 論文の流儀ゼミ」当初20名×2クラスで募集したところ応募者が殺到。
最終的には,30名×3クラス,インターネットクラスの開講に至る。
平成25年合格者は,公法系8位,10番台等,2桁合格者を輩出。
「憲法答案も普通の法律答案と同じである」として,各地の大学,法科大学院にて講演会を開催。

Twitter@itotakeru

コースを選択してください。
こちらからコースを選択してください。
1

平成22年度旧司法試験の論文式試験(憲法)第1問を改作した問題を題材に、あてはめは判例に学べ、判例を踏み台にする、判例の射程を叩くという作法を用いた「もう1つの答案作成方法論」をお示しします。

タグ:行政法 法科大学院生向け 司法試験対策 

ほしいものリストに追加

ログイン

でログイン

メールアドレスでログイン
メールアドレス:
パスワード:
パスワードを忘れた方はこちら

無料登録

アカウントをお持ちでない方は
以下ページよりご登録ください。

無料登録